ワイキキ周辺のサーフポイント

ワイキキ周辺のサーフポイント

みのさん(奥)とケンタ(手前)です。
みのさん「こんなことするの俺達が初めてじゃない?テンション上げていこう! 」
ケンタ「みのさんが、お前はショートで来い、っていうから、ショートでチャレンジします。がんばります。」
2人は今、ゴールであるパブリックスの近くのカピオラニ公園()のパーキングにいます。ココにみのさんの車を止めておいて、今からシンゴ21の車でケワロ()まで移動します。

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

上の地図の青いマークは、今からパドルで通過する予定のサーフポイントです。直線距離で5キロ以上。太陽の下にずっといるので日焼け止めは欠かせません。70%カットの強めの日焼け止めを用意しました。これで日光から身を守ります。

ワイキキ周辺のサーフポイント

現在午前10時15分。車で移動したら15分でケワロからカピオラニ公園までつきます。はたしてパドルではどのくらいかかるのでしょう。ってか、たどり着けるのでしょうか?

ワイキキ周辺のサーフポイント

ウダウダ言っていても始まらないので入水です。ケンタはホントにショートでチャレンジするようです。あぶないヤツです。
ケンタ「気合です。」
みのさん「若いからそのくらいしないとダメだね。」
ではまずはじめのサーフポイント、ケワロへ行きましょう。

ケワロ

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

ケワロ湾に漁船が出入りしているので、ココのポイントにはたまにサメがでるそうです。見たことはないですが怖いですね。それでもケンタは行きます。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ケワロの波はほれていて、崩れるのが早いです。レギュラーのインサイドは、リーフがガリガリ浅くなっています。
ケンタ「何とかのれました。次に行きましょう」
10分で1本目クリアーです。

ストレートアウト

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

ケワロのすぐ隣のポイントです。レギュラーに行くとインサイドでリーフがガリガリしています。ロータイドの時は要注意です。ケワロと比べてロングボードが目立ちます。隣のポイントでも波のタイプは違うのですね。
ケンタ「いつもココでサーフィンしてるんですよ。」
と言うことで簡単に1本クリア。

コンセッション

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

コンセッションまで来ると、岸を見た時アラモアナビーチが正面に見えてきます。このポイントは比較的マナーを守る上級サーファーが多いです。

ワイキキ周辺のサーフポイント

波はユックリで分厚いと思いきや、急にほれてきます。ビーチからポイントまで遠い(しかも途中浅いので歩いて移動する)ので初心者には向かないです。

ワイキキ周辺のサーフポイント

みのさん「ははっははっははあっは。」
なに笑ってるんですか?
みのさん「いや、ケンタがさー。あはははは。」
なんすか?

ワイキキ周辺のサーフポイント

ケンタどうかしたの?
ケンタ「なんか・・・・・・。」
みのさん「こいつ、ウニ踏みやがった」
ケンタ「...........」

ワイキキ周辺のサーフポイント

これヤバイな。ウニの針が刺さりすぎて、足の裏に毛が生えてるみたいになってます。おもしろすぎです!
ケンタ「笑いすぎですよ(怒りと悲しみを込めて)」
みのさん「普通、ウニ踏まないでしょ」
まだ半分も来てません。引き返すなら今です。ウニ踏んで退散ならおもしろいからココで終わってもいいですよ。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ケンタ「いや、やります! 」
よっしゃ!
ウニが足に刺さっている青年(以下、ウニボーイ)よ、がんばれ。
ウニボーイ「オリャーーーーー! 」

テニスコーツ

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

テニスコーツは波が分厚く、全然ほれません。なのでロング向きのポイントです。ショートにとってはかなり不利なポイントです。ウニが足の裏に刺さっているウニボーイには、いきなり過酷な試練です。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ウニボーイ「2本ものりましたよ」
ホントかよ?
まあいいでしょう。先は長いです。

テニスコーツの次はボールズです。マジックアイランドを越えなきゃいけないので、かなりの距離です。ウニボーイは耐え切れるのでしょうか?

マジックアイランド

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

マジックアイランドを越えようとした時いきなりセットが入ってきました。 みのさん「いいね~。ここでもサーフィンできんじゃん」 確かに波立ってますし、人もいないから楽しいとは思いますけど..........

ワイキキ周辺のサーフポイント

波はマジックアイランドの防波堤に激突します。キケンなニオイがします。

ワイキキ周辺のサーフポイント

みのさん「大丈夫でしょ」
無謀なおじさんです。
みのさん「ここ穴場だね」
まぁ、そりゃ、そうですけど。防波堤にご注意ください。

ワイキキ周辺のサーフポイント

気づいたらウニボーイは次のポイントへ向かって、黙々とパドルしています。あんなに遠くに行ってしまいました。ウニボーイは、まさかこんなところで波乗りするとは思わなかったので、とっとと先に行ってしまいました。
みのさん「ヤバイ。追えー! 」

アラモアナボールズ

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

ボールズの波はほれていてスピードがあります。上級者向けといってもいいでしょう。全体的に浅くて、ウニが多いので気をつけてください。それよりウニボーイがいません。隣のロックパイルにいます。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ロックパイルに行き、追いついたと思ったら、またしてもウニボーイが消えていました。パッとビーチを見るとウニボーイは海から上がっています。
ウニボーイ「もう限界です。昼休憩にしましょう」
ショートボードで移動してきたので相当疲れてるようです。しかも足にはウニが.........。おもしろすぎです。

ワイキキ周辺のサーフポイント

海から出たウニボーイは腰を下ろしたまま動けそうにありません。なので、みのさんと近くのマクドナルドに買いだしに行ってきました。3人で12ドル。マクドナルドには1ドルメニューというものがあります。店内には書いていないですが、バンバーガー、マックチキン、アップルパイなどが1ドルで買えます。裏技です。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ウニボーイ「腹へったーーーー!こんなにマックがうまいと感じたのは初めてです。でも、あごが痛くて食べづらいです。」
あごは昨日から負傷しているそうです。ボロボロの身体に1時間の休憩をあたえて.......

ワイキキ周辺のサーフポイント

再びパドルで制覇の開始です。
ウニボーイ「腕が動きませーん。」
何度も言いますけど、ウニボーイはショートボードに乗っています。ウニボーイの運命はいかに。

カイザーズ

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

カイザーズはのんびりサーフィンです。お互いがルールを守って、平和にサーフィンを楽しんでいました。
ウニボーイ「1本のりましたよ。次いきます」
強がってます。

ワイキキ周辺のサーフポイント

カイザーズの沖にはほとんど毎日、観光客をいっぱい乗せた船が浮いてます。滑り台とか、トランポリンとかついていて、ウニボーイとはウラハラに楽しそうです。

スリーズ

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

スリーズはローカルの嫌がらせが激しかったです。波はすごくほれます。レギュラーでチューブをまいていました。波のことはさて置き、インサイドに誰かのボートが止めてあります。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ボートの持ち主はサーフボードをボートの中において、ボディーサーフィンで楽しんでいました。けっこう意味不明です。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ガラの悪いポイントで、何とか波にのったウニボーイは次のポイントへパドル中。ウニの刺さった足、大丈夫かな。
ウニボーイ「自分はウニになっていく気がします」
みのさん「お前は海の幸か! 」

パラダイス

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

4人しかいません。のり放題です。
ィヤホー!
厚めの波なので、ロング向きです。みのさん、爽快にのっています。一方ウニボーイは..........

ワイキキ周辺のサーフポイント

ウニボーイ「あぅ~、足つった」
溺れそうです。次ぎいくぞー!

ポップス(ポピュラース)

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

↑虹が出ています。「ウニボーイがんばれ」って言ってくれてるようです。 ウニボーイ「にじなんかよりマジで、限界に近いです。」 心に余裕がなくなってきています。非常に危険な状態です。それでも突き進みます。

カヌーズ

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

ココだけは人の数が桁外れです。頭がおかしくなりそうです。タイドが上がってきて、波は小さくなり、人のみが浮いています。人間ため池状態です。カヌーズはツインタワーのハイアットの目の前です

ワイキキ周辺のサーフポイント

ウニボーイ「ココは無理です。パスさせてください。」
みのさん「次ぎいこ」
賛成です。ついでにクウィーンズもパスします。

ウォールズ

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

ウォールズはボディーボード専用のサーフポイントです。なのでサーフボードでは入れません。ボディーボーダー達でにぎわっています。

オレが写真を撮りに寄り道してる間に、ウニボーイ達は最終ポイントへ向かっています。がんばれ!

パブリックス

ワイキキ周辺のサーフポイント
ワイキキ周辺のサーフポイント

パブリックすは波が厚いため、ロングボードが多いです。ボディーボーダーやショートボーダーもいましたが、波を取るのが大変そうです。ってか、いつの間にこんなに近くにダイアモンドヘッドが!? ビックリです。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ウニボーイはひん死の状態です。後ろでにじがゴールを祝ってくれています。やり遂げました! 感動です。 ウニボーイ「フフフフ」 完全にいっちゃってます。

ワイキキ周辺のサーフポイント

只今の時間、午後6時すぎです。スタート時間は10時15分だったので、8時間かかったことになります。途中の昼休憩を抜いても7時間は海の中にいました。手がしわしわです。

ワイキキ周辺のサーフポイント

パブリックスから一番近いビーチは、やけに男性が多いです。しかも2人組。だからなんだって事はないですけど、視線が痛いです。

ワイキキ周辺のサーフポイント

ウニボーイは視線を気にする余裕もなく、撃沈モード。ですが、まじでやってのけました! ショートボードでケワロからパブリックすまで!
ウニボーイ「いや~、マジで疲れました。ウニ踏んだときはどうなるかと思ったけど、続行してよかったです。とりあえずなんか食いたいです。腹へったー。」
みのさん「打ち上げいくぞー! 」 イエーィ!

  • 会員登録
  • 広告出稿について
  • 過去番組一覧
  • マイページ
  • 運営会社
  • お問合せフォーム